正しい知識と情報で良い不動産会社を調べる方法

たとえ専門外のことだとしも自分のことは自分で守れたほうがいいですよね。

よい不動産会社の調べ方ってご存じですか?

マイホームを購入するとき、その該当する家をよく調べることはもちろん必要です。しかし、同じ家を取り扱うにしても不動産会社によって、その契約は大きく変わることがあります。ということは、不動産物件だけでなく、不動産会社もよく調べなければならないのです。調べると、不動産会社というのは、その取引形態によって様々に分けることができます。

まずは、デベロッパーです。デベロッパーというのは、ようは建築業者のことです。ゼネコンなども、デベロッパーのひとつです。新築マンションなどは、デベロッパーが扱うケースも多くなっており、購入者と直接契約をします。新築の一戸建てでも、大規模な分譲住宅の場合には、デベロッパーが担当しているという場合も少なくはありません。系列の販売代理会社が、その販売代理をするというケースも多いものです。

次は、ハウスメーカーです。新築一戸建ての中でも、さほど大規模なものでないという場合には、ハウスメーカーが売主となります。売主はハウスメーカーですが、実際の購入者とやり取りをするのは、前述の販売代理会社や仲介会社という場合が多いです。ハウスメーカーが直接契約をするというケースは、あまりありません。

中古の一戸建てや中古のアパートにマンションとなりますと、デベロッパーやハウスメーカーはほとんど関与してきません。中古物件ならば、仲介会社がメインとなります。仲介会社というと、あまりイメージがわかないかもしれませんが、われわれがイメージする「不動産屋さん」は、ほとんどがこの仲介会社です。仲介会社の場合には、買主と売主の間に入って、各種条件の調整を行ったり、契約を締結したりする役目があります。

前述した販売代理会社の場合には、販売業務のみを代行する業者のことを言います。販売代理店では、マンションであれ一戸建てであれ、新築がメイン商品となります。そんな不動産会社や物件を調べるには、インターネットがもっとも簡単。インターネットであれば、わざわざ赴く必要もありません。しかも、最新の情報が常に入手できるので、鮮度も抜群。

まずは、インターネット情報が充実している不動産会社を探してみましょう。ある程度自分が希望するエリアが決まっているのであれば、そのエリアを得意とする不動産会社を調べるというのも手です。調べ方は簡単。自分の希望するエリアの物件を調べて、そのエリアの物件を多く扱っている不動産会社がそれです。

そういった会社であれば、そのエリアの相場も知っていることでしょうし、生活施設などの地域情報にも精通しています。お子さんがいるという場合には、治安や学校の状況なども、その不動産会社から情報収集するといいでしょう。そういった情報に精通している不動産会社は、いい会社といえます。

もちろん、いい物件を多く取り扱っているというのも、よい会社の条件ですが、担当者との相性も大切です。担当者が本当に信頼できる人かどうか、一生に一度の高い買い物になる場合もあるので、ここもチェックしておきましょう。チェックポイントとしては、問い合わせ内容に対する回答の早さです。

検討段階においては、購入希望者はいくつもの不動産会社を掛け持ちしている場合もあります。そんな時、問い合わせに対する回答が遅いと、購入希望者は別の会社に流れてしまいますので、回答が早いということはどんな問い合わせに対してもすぐに対応できる情報力と客を待たせない姿勢は信頼を置くのに必要な要素です。また、自分の希望条件とは合致しない物件を勧めてくる担当者も注意。

自分が希望する予算より高い物件を勧めてきたり、エリアが違うような物件を勧めてきたりする場合には注意。しかし、担当者はいやだがその不動産会社自体、そして物件は気に入っているという場合には、どうすればいいのでしょうか。そういう場合には、担当者をチェンジしてもらうのが、もっとも手っ取り早いです。